静岡県富士市の広告代理店【広宣社】


 

広宣社 想い

アドプランナーになる前は、会計事務所で働いていました。

 

帳簿記入や経費削減のアドバイスを主にしていましたが、経理上では、限界を感じていました。例えば、「お客様がいない時間帯に、電気を消す」などいくら経費削減しても、売り上げをあげ、経営を伸ばす、ということには限界があると。結局は「頑張って売り上げをあげましょう」しかアドバイス出来なかったのです。そんな思いの中、損益勘定、経費削減など、帳簿上でのことは身に付いたし、もっとお客様の経営を伸ばすお手伝いをしたい!と考え始めました。

 

では「どうやって売り上げを上げる??」と考えた時、販売促進に目がいきました。そこでアドプランナーになり、お客様の売り上げをあげ、結果を出すお手伝いをしようと決意しました。

 

その後、広告会社に転職し、そこで来る日も来る日も飛び込み営業をしていました。一件一件、ひとりひとりのお客様に合わせたプランを練り、売り上げにつながる仕事、もとより興味のあったデザインに関わる仕事でもあったため、まさに僕は水を得た魚でした。

トントン拍子に結果を出していき、30歳には営業部責任者になっていました。多くのクライアントが僕に仕事の依頼をしてくれました。

他のプランナーとの差が出たのは、周りの営業マンがサボっている中、地道に昼夜問わず、飛び込み営業などをしていたことです。社内にいるときはクライアントの為、資料を作成していました。クライアント側の立場になって、人一倍の努力をしていたと自負しています。

 

その思いと裏腹に、自社の売り上げをあげろ!売上、売上!」それだけでした。さらに、売上を上げても会社に持っていかれるだけでした。

いつの間にか、クライアントの為ではなく、自社の為、になってしまっていました。これは営業責任者という立場になってから知ってしまったことです。

 

広告会社というのは、ただ単にクライアントの広告物をつくること、カッコ良いデザイン、オシャレなデザインを作ること、媒体に載せること、が目的ではありません。ましてや自社(広告屋)の売り上げを上げる為にプランニングしているのではないのです。

うえから言われることとクライアントの思いを知る僕はジレンマに陥りました。だんだんと自分がやっている事がわからなくなっていきました。

「何の為に広告会社に勤めたんだ?」日々、自問自答を繰り返しました。自分とクライアントを見つめる中で、少しづつ答えが出始めてきました。

 

そもそも広告会社の使命は、「クライアントが抱えるそれぞれの課題を解決すること、クライアントの目的達成を促すこと」にある。

顧客を増やす、リピートを増やす、単価を上げる、採用、組織力を強化する、人材育成…etc、クライアントにより、抱える課題はそれぞれですが、

十社十色、それぞれに適したプランニングをし、課題解決、目的達成に向けた施作を行っていく。

その為に、クライアントのことを沢山知り、寄り添い、クライアントと一緒に戦略、戦術を一緒に考え、取り組むこと。なんじゃないかと。

また広告は、消費者がお客様の商品、サービスを通じて思い出をつくり素敵な文化を作り上げることなんではないでしょうか!

そこで僕はお世話になった広告会社を辞め、ついに起業をしました。

 

代表取締役社長 武田勝俊