革工房 伊の蔵・レザー

学生当時からバイクに乗ることが好きだった私は、普段身に着けるものもバイカーグッズといわれるものが多かった。その中でもアメリカのレザーブランド「langlitz leather」、この革ジャンに出遭ったときの衝撃は今でもはっきり覚えている。それはまるで鎧のような風合いなのだが、着てみるとそのフィット感に驚いた。革のもつ柔軟性や香り、高級感に圧倒され、若僧だった自分には別世界のモノだったように感じた。それが「レザー」に興味をもった第一歩。

6年前、自分の欲しいバイクのバッグがなかったことをきっかけに、自分で創ってみようと思い立つ。書店にある革細工の本を探し独学で革創りを始めた。しかし丁寧に説明のある本よりも自分が持っていた財布やバッグ、革ジャンが一番の教材だった。それらを分解し型紙を作り、オリジナルのものを製作。とことんこの世界にのめり込んでいった。

2年後、革工房「伊の蔵」の名称にて製作開始。
それから1年経ち、正式名称を「伊の蔵・レザー」に改名しオープン。メインはオーダーメイドで、お客様とお話して納得してもらえる作品創りに努めている。
現在も尚、始めた当時の気持ちと同じく一針一針気持ちを込め製作に没頭している。
 
プライベートでは4人の子供のお父さん。
子供の「お父さんすごいね!」の一言が活力になっている。

このお店に行けば、きっとお気に入りができるはず。
オーナー様のレザーにかける熱い想いが伝わってきます。

革工房 伊の蔵・レザー
所在地御殿場市神山1767   【Yahoo!地図
連絡先090-1815-5141(伊倉)
営業時間9:00~18:30
定休日不定休

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る